中澤英雄:書評

                                       

                                       

                                       

●中澤が書いた書評

 

・ある「退出者」小説――ヴォルフガング・コムの『第五次元』―― pdf

  【出典】:千葉大学教養部研究報告A-1419813月)

 

・谷口茂著『フランツ・カフカ論――ユーデントゥームとの関係を中心に』(明星大学出版部、1983年)pdf

  【出典】:『ドイツ文学』73号、1984年10月、153頁〜156頁

 

小林康夫著『起源と根源――カフカ・ベンヤミン・ハイデガー』(未来社)、1992

 

上田和夫『イディッシュ文化』(三省堂)、1996

 

平野嘉彦『マゾッホという思想』(青土社)、2005

 

L・v・S=マゾッホ著『聖母』(中央公論社、藤川芳朗訳)、2005

 

古川昌文・西嶋義憲編『カフカ中期作品論集』(同学社)、2011

 

上江憲治・野口 広明 (編集) 『カフカ後期作品論集』(同学社)、2016年2月

 

 

 

●拙著への書評

 

・森井 裕一 准教授(東京大学大学院総合文化研究科 地域文化研究専攻) 『カフカとキルケゴール』 (東京大学・教養学部報490号)

 

・宇井 宙(ういひろし):中澤英雄『カフカとキルケゴール』(オンブック、2006)――驚異のカフカ解読(2012年)

 

・田尻三千夫(東京大学教授):「究極(核心)の問題」をめぐってあるいは「不壊なるもの」を信じて――中澤英雄著『カフカとキルケゴール』『カフカ ブーバー シオニズム』への感想 pdf

  【出典】:『言語・情報・テクスト』(東京大学大学院総合文化研究科・言語情報科学専攻・紀要)VOL 18, 2011, pp. 83-88.

 

・棚次正和(京都府立医科大学教授):『カフカ ブーバー シオニズム』 pdf

  【出典】:『みるとす』、No. 11520114月号、p. 76

 

 

 

トップページに戻る

 

 

                                      

inserted by FC2 system