『続・ユダヤ人の生活』(Amazon Kindle)

 

 

 本書はレオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ著『ユダヤ人の生活』(Leopold von Sacher-Masoch, Jüdisches Leben in Wort und Bild, 1891)の続編である。

 『ユダヤ人の生活』の翻訳は一九九四年に柏書房から出版された。原著は二十七篇の短編小説を含んでいるが、翻訳本では頁数の関係で十七篇しか収録できなかった。今回、電子出版の形で残りの十篇を続編として出版することにした。

 イディッシュ語やユダヤ教関係の用語(ザッハー=マゾッホの表記はかなりいい加減なので、一般的な読み方を使った)には訳註をつけた。本文中の( )はザッハー=マゾッホ自身がつけている註で、〔 〕は訳註である。原著の数多くの挿絵の中から、一短編作品について一つの挿絵を選んだ。作品世界の雰囲気を感じていただけるだろう。

 親ユダヤ主義者ザッハー=マゾッホと『ユダヤ人の生活』については、すでに柏書房版のほうに詳しい解説を書いているが、それは訳者のホームページにアップしてあるので、関心のある方はお読みいただける。

 

 解説「ザッハー=マゾッホの未知の顔」

 

 この続編を通して、ユーモラスでいつもハッピー・エンドで終わるマゾッホ・ワールドをお楽しみいただくと同時に、彼が小説という形で貴重な記録にとどめた、ヨーロッパの今は失われたユダヤ人社会の風俗・習慣・信仰と迷信に触れていただければ、訳者として幸甚である。

 

マゾッホ関係論文

 

中澤英雄・トップページ

inserted by FC2 system